エンジンを切った後に装置が作動 AIが車内の置き去りを検知しブザーで車外にお知らせする「バス車内置き去り防止装置」を2022年10月03日に発売

  • HOME
  • コラム
  • エンジンを切った後に装置が作動 AIが車内の置き去りを検知しブザーで車外にお知らせする「バス車内置き去り防止装置」を2022年10月03日に発売

SOS-0001(1)

株式会社TCI(本社:大阪市淀川区、代表取締役:尾﨑俊行、以下「TCI」)はTCI独自で開発をしたバス車内置き去り防止装置(品番:SOS-0001)を2022年10月03日に発売します。人間を自動で検知すると大音量ブザーで車外に警告音を発するAIカメラを車内に搭載し、車両のエンジンが停止した60秒後から起動するシステムにすることで、車内に取り残された人間を確実に検知し、置き去りを防止する装置となっています。品番のSOSは、SYANAIのS・OKIZARIのO・SHINAIDEのSを表しており、取り残された園児や生徒に代わってSOSを出すことを目的として命名。大手フォークリフトメーカーや大手重機会社などで導入されているTCIのAIカメラソリューションを独自に応用開発することで、置き去り防止対策の完全自動化を実現しました。

開発背景

昨年のニュースで、バス車内置き去りによる園児が熱中症で死亡するという悲惨な事件をを受けて、事件の被害者の方と同年代の2児の父でもあるTCIの代表である尾﨑は、悲痛な思いとともに園児送迎の管理体制に憤りを感じ、「ヒューマンエラーでは済まされない。再発防止に向けて早急に改善が必要。」と製品開発のスタートを切りました。

それ以降、他のどのプロジェクトよりも先行して開発に取り組んでおりました。

そして、先日の2度目の事故が起きたことをニュースで知り、一刻も早く世の中の幼稚園送迎バスやスクールバスにSOS-0001を搭載して欲しいという一心で開発を急ぎ、2022年9月初旬、開発に成功しました。

置き去りにされてしまった子供たちはどれだけ苦しい、辛い思いをすることでしょうか、そのことを思い、当人の辛さを想像すると本当に毎日胸が締め付けられてしまいます。

幼児は車内に閉じ込められてしまった場合、自力で脱出することもほぼ不可能です。

声を出すこともできません。

(クラクションを鳴らすことなど教えたところで、暑さと怖さの中でパニック状態ではほぼ不可能だと考えております。)

万が一の場合、車内に閉じ込められた本人の代わりにSOSを車外へ発信する装置

(SOS-0001)を一刻も早く導入してこの様な事故を二度と起こさないでほしいという強い思いで製品化に至りました。

SOS seriesは、車内置き去り点検作業を完全オートメーション化

ドライバーや職員の日々の車内点検作業にプラスアルファとしてご活用いただけます。

SOS-0001の特長

◆置き去り防止のシステム

エンジン停止した60秒後よりバッテリー起動し、AIカメラシステムが立ち上がります。その後、約60分間起動した後、自動で停止します。

SOS-0001 置き去りを防止する仕組み

◆AI機能を搭載したカメラ

当カメラにはAI(人工知能)が搭載されており、「人間の姿のみ(幼児も含む)」をAIが自動で認識・判断し警告音を発することができます。

SOS-0001 置き去りを防止する仕組み(2)

◆4台のAIカメラで死角を防ぐ(赤外線搭載で暗い場所でも検知します。)
1台のモニターに接続できるカメラは最大4台です。
前方、後方だけでなく、大型の車両であれば中間地点にもカメラを設置するなど、

すべての死角を無くすことで、様々な状況に合わせて車内の人間を置き去りにしない工夫を施すことが可能となります。

当カメラは赤外線ランプを搭載しており、暗闇においても8~10mの視認性を保ちます。
ですので、シャッター付き車庫などの暗所や夜間であっても、AIは人間の姿を検知することが可能です。

4台のカメラで死角を完全にカバー

◆聴覚・視覚での警告システム
当製品のブザーはAIカメラが人間を検知すると、大音量の警告音を発します。
音(聴覚)と光(視覚)で周囲に知らせることで、より確実に置き去りを防止することができます。

SOS-0001 AIが人を検知し、車外に警告

オプションとして60mまで通信可能な遠隔ブザーも導入可能となります。

これにより、職員室や教室内などの遠隔地でもブザーの検知が可能となります。

SOS-0001 通信オプション

SOS-0001で解決できること

SOS-0001を活用することで、ヒューマンエラーによる車内置き去りの見落としを防止し、こどもたちの命を守ります。

周知徹底などの対策を講じていたり、アプリなどで点呼をしていても、ありとあらゆる状況が、予期せぬヒューマンエラーを生み出してしまいます。確認の徹底は勿論ですが、ヒューマンエラーをテクノロジーが補填するシステムを構築することで、「万が一」による悲惨な事故を未然に防ぐことに繋がります。装置を導入することで、人員が不足している幼稚園や保育園などにおいても、確認をオートメーション化することが可能となります。

製品仕様

起動電圧:12V/24V

搭載バッテリー:LiFeP04 リン酸鉄リチウム(PSE認証取得済製品)

搭載カメラ:深層学習カメラ4台 AHD 1080P/30

エンジン停止後起動タイマー装置

キャリブレーションユニット

オプション:ワイヤレス送信ブザーパトライト『最大60m』

 

置き去り防止搭載車両ステッカー

SOS-0001 置き去り防止ステッカー

製品概要・販売価格

製品名:SYANAI・OKIZARI・SHINAIDE(車内置き去り防止装置)

 品番:SOS-0001
発売日:2022年10月03日(月)
本体価格:550,000円(税別)

ワイヤレスパトライトオプション(送信機・受信機・パトライト):180,000円(税別)

使用場所:幼稚園・保育園の送迎バスなど、あらゆるスクールバスと送迎車両に対応

使用者:幼稚園・保育園・塾・学校等における全ての責任者・経営者・バスレンタル業者

初回製造台数:50台〜(受注生産)納期はお見積り時

取付費用:70,000円〜100,000円程度(税別)出張費用などは別途発生する可能性あり

製品保証期間:お買い上げ日から3年間(内臓バッテリーは2年間)

取付保証期間:永久保証(取り付けに関する不具合など)

販売方法と製品の取付に関して

製品の販売は、TCI営業部まで直接お問い合わせ、またはHPのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

また、当製品の取付には専門的な取付工事が必要です。取付には当社取付サポート担当または、当社協力店の専用作業員が現地までお伺いし、お取り付けします。

TCIは既存事業であるトラサポくんの重機、トラック電装品取付事業で得たネットワークを活用し、全ての車両に対して日本全国の取付対応が可能です。

お電話でのお問合せの際は、車内置き去り防止装置の件でとお伝えください。

 

【製品に関するお問い合わせはこちら】

 

【プレスリリース掲載ページはこちら】

お問い合わせCONTACT

株式会社TCIへのご相談はこちら

TEL 06-6885-7250

営業時間 9:30~17:00
定休日 日曜日、祝日

お問い合わせ