【重要】子どものバス車内の置き去りの原因とその防止策について

  • HOME
  • コラム
  • 【重要】子どものバス車内の置き去りの原因とその防止策について

昨今、園児が幼稚園バスに置き去りにされ、熱中症で死亡する事故が、福岡県や静岡県で相次いで発生しました。
子どもをもつ私たちも、これらの事故にとても胸を痛めており、
「なぜこのような事故が発生するのか」、「再発防止にはどうすればいいのか」
と他人事ではないと感じております。

このようなバス車内置き去り事故が二度と発生しないよう、しっかりと対策を打つ必要があります。

それでは一体どのような対策をとればよいのでしょうか?

今回はそんな『子供の車内置き去り防止』についてをお話させていただきます。

1.子供の車内置き去りの現状について

目視では不十分、人手不足、ヒューマンエラー

多発している子供の車内置き去りを完全に防止するには、人間の目だけでは不十分なのが現状です。

また、幼稚園や保育園は人手不足が深刻化していることや、
ついつい見逃してしまうというヒューマンエラーがあることも原因とされています。

2.近年の発生事故件数

事故:2347件、死亡事故5件

内閣府の調査によりますと、2021年度、全国の保育所や幼稚園、認定こども園で発生した事故は2,347件と、過去最多となっています。

このうち子どもが死亡したケースは5件で、件数こそ過去に比べて減ってきてはいるものの、
ゼロではありません。
そして、事故が増えた原因に、保育現場の人手不足があると言われています。

3.子供車内置き去り事故防止の為に必要なことは?

ヒューマンエラーではすまされない、テクノロジーの活用が不可欠

例として静岡県で起きたバス置き去り事故も、一番の原因は『ヒューマンエラー』だとされています。
しかし、人間の命に関わる仕事のため、事故の原因を単なるヒューマンエラーとして納得できる人はいないでしょう。

もちろん人間のチェックというのは不可欠ではありますが、確実な再発防止に向け、
人の目だけではなくテクノロジーの活用が不可欠となってきています。

【まとめ】車内確認用後方ブザーのおすすめ

このような現状から弊社では、幼稚園バスの置き去り防止システムとして
『車内置き去り防止AIカメラシステム』と『車内確認用後方ブザー』を開発いたしました。

昨今の事故を受け、一刻も早く事故がなくなってほしいという想いから、
他のどのプロジェクトよりも先行して開発に取り組んでまいりました。
そして先日開発に成功し、2022年10月3日から販売を開始しています。

『車内置き去り防止AIカメラシステム』は、人間を自動で検知し、警告音を発するAIカメラを利用しており、
エンジン停止後に車内に取り残された人間がいた場合、外部に警告音を発する仕組みとなっております。

こちらは確認のオートメーション化を行うことで、
ヒューマンエラーによる人の目の見逃しを防ぐ事が可能となります。

また、『車内確認用後方ブザー』ですが、こちらのシステムでは、エンジン停止後、
車内後方に設置した警報ブザーが鳴るというシステムで、物理的にボタンを押さない限り、
警告音が止まらないシステムとなっております。

運転手らが車内後部まで行ってブザーを止める際に、
車内に子どもが取り残されていないかを確認できる仕組みになっています。

単なる『ブザーを止めに行く』という作業ではなく
『子どもが車内に取り残されていないかを確認する』という習慣化を促すことにも繋がります。

このように、予期せぬヒューマンエラーをテクノロジーで補填することで、悲惨な事故を未然に防ぐことができます。

人員が不足している幼稚園や保育園にこそ、必要な部分をオートメーション化していくことが必要です。

車内置き去り事故が二度と発生しないよう、今後こちらのブログで、
車内置き去り防止装置の義務化についてや、車内置き去り防止装置の詳細についてご紹介していきます。

弊社のお問い合わせページはこちら

お問い合わせCONTACT

株式会社TCIへのご相談はこちら

TEL 06-6885-7250

営業時間 9:30~17:00
定休日 日曜日、祝日

お問い合わせ