【事故防止】万が一通園バス車内に置き去りにされた場合にも対応する安全システムについて

  • HOME
  • コラム
  • 【事故防止】万が一通園バス車内に置き去りにされた場合にも対応する安全システムについて

【事故防止】 万が一通園バス車内に 置き去りにされた場合にも対応する 安全システムについて

自力で脱出することが難しい子どもにとって、園の先生やスタッフが、

どれだけ迅速に置き去りに気づく事ができるか、また、そもそも置き去りをどれだけ未然に防ぐ事ができるか、という2点が重要になります。

今回は、もし子どもが車内に置き去りにされた場合、

装置を使う事でどれだけ早く置き去りが起きたことに気づけるか、という点についてお話しします。

5時間もの時間、バス車内で置き去りに

静岡県牧之原市の私立幼稚園の3歳の女の子が、送迎バス内で倒れているのが見つかった時、30度超えの車内で5時間にわたり取り残されていました。

日本自動車連盟(JAF)の実験によると、気温35度の場合、車内の暑さ指数が危険レベルに達するのは、エアコン停止からわずか15分だそうです。

取り残された女の子がどれだけ苦しかったかと思うと、子をもつ私たち社員も胸が張り裂けそうな思いです。

せめて、バス車内に取り残されていたことがすぐに分かれば…。

車内に取り残されないようにする工夫と同時に、万が一取り残された時でもすぐに発見できる仕組みがあれば、二度とこのような痛ましい事件は起きないはずです。

車両エンジン停止後、120分にわたり車内を監視

弊社が開発した「車内置き去り監視カメラSOS-0001」は、AI機能を搭載した監視カメラです。

エンジンが停止した60秒後にシステムが起動し、AIカメラが監視を開始します。その後、120分の間、車内の監視を続けます。

60秒後にシステムが起動するため、園の先生やスタッフが子どもを車内から降ろす時間を確保できます。

また、子どもがバスを降りたすぐ後の時間だけでなく、その後120分間に渡って車内を監視し続けるため、

万が一子どもが車内に取り残されていたとしても、発見することができます。

聴覚・視覚に知らせる警告システム

さらに、こちらの製品のブザーは、AIカメラが子どもを検知すると、音と光の両方で周囲に知らせます。

置き去りを検知した場合は、救出されるまで常に大音量の警告音鳴り続けるため、不特定多数の人に気付いていただけるシステムとなります。

なぜ大音量の警告音システムを採用しているのか。

1分1秒を争うからです。数分程度の置き去りでもこどもたちにとってはかなりの恐怖感を覚えるでしょう。

一刻も早く救出する必要があります。

また、上記のとおり、JAFの危険指数に達するのが15分だとしましょう。

メール検知システムの場合、さまざまなハプニングが発生する幼稚園において、どんな状況でも絶対に15分でメールを検知できるでしょうか。

また、携帯の通信障害が発生した場合などはどうなるでしょうか。

常に最悪を想定し、安全装置の導入を検討するべきでしょう。

【まとめ】命を守る為の装置を知ろう


いかがでしたでしょうか。
このようにTCIでは子どもの命を救うための装置を開発し、みなさまの元へと供給しています。

たった一つの装置があることにより尊い小さな命が救われることがあります。

これ以上悲しい事件が起こってしまわないよう、みなさまには是非導入のご検討頂ければと思います。


最後までご覧いただきありがとうございました。

 

本件に関するお問い合わせページはこちらよりお願いします。

お問い合わせCONTACT

株式会社TCIへのご相談はこちら

TEL 06-6885-7250

営業時間 9:30~17:00
定休日 日曜日、祝日

お問い合わせ